「一戸建て」カテゴリーアーカイブ

家族のセンスを理解してから家造りをする

私はプライベートな時間をゆったり過ごせるような一戸建てになれば満足できると考えました。私は家庭を持っているので家族みんなが和めるような雰囲気にしたかったです。独身の人が一戸建てを建てるのならば自分の考えた通りの外装にすればいいのですが、家族がいる人はみんなの意見を調整してデザインをしないといけないので大変です。家造りにおいて大事なのは、家族のデザインの好みをよく考えることだと思います。若い人と年配の人とでは好きな内装のデザインが違っていることはありがちです。若い人から考えると年配の好きな内装のデザインは古臭く感じてしまうことがあります。若い家族の好みに合わせて一戸建てを造ることのメリットはおしゃれなデザインにできることです。ただ、若い人も段々年を取ってしまうので、長く住める一戸建てにするためには年配の家族の意見を重視して内装のデザインを考えた方が無難です。家族のセンスを事前に理解してから外観などをデザインすると余計な誤解をする心配はないです。

一戸建てを購入する時は子供の事も考えよう

結婚して子供が出来たので羽村市に新築住宅の一戸建てを購入しました。駅から徒歩10分以内の場所の一戸建てを購入したので通勤などはすごく便利です。しかし子供の事も考えなければいけませんでした。そこで今回感じた点をいくつか紹介していきましょう。

・小学校や中学校に通いやすいかどうか?

子供が7歳になると小学校に入学して卒業すると今度は中学校に入学します。小学校に6年、中学校に3年通う事になるので自宅からどのぐらいの距離にあるのかは重要なポイントになってきます。今回はそこまで頭が回らなかったので小学校も中学校もあまり近くない場所になってしまいました。一戸建てを購入する時は子供が小学校や中学校に通いやすい点も重視した方がいいです。

・子供の部屋の数

子供が小学生に入学するぐらいまでは一つの部屋で一緒にすれば問題ありません。しかし子供が成長してくると勉強をする必要が出てくるので一人一部屋必要になります。子供の人数が多い時は部屋の数も多くしなければいけません。子供の部屋に関しては特に問題ありませんでしたが、一戸建てを購入する時は重視した方がいいです。

新築、一戸建て、拘り過ぎると時間がかかる

我が家は実家近くの希望の地域の土地が高くて、ハウスメーカーの家は建てられない現実を目の当たりにしました。
見学会で気に入った注文住宅の工務店で土地から探す事にしたのですが、薦められた土地がまだ居住者がいて立ち退いてからという話でした。
予約はしておいて他も探しつつ待っていたのですが、他は高くなかなか希望の地域では見つかりませんでした。
一年間待ってようやく立ち退いたのですが、その間まだかとモヤモヤしたり、地域を変えて安くした方がいいのかと随分葛藤しました。
地域に拘り過ぎると、良い土地にはなかなか巡り合わないかもしれません。

そこで、常に希望地域で良い物件がないかと探しました。
良いと思った所は見積を出してもらい、標準仕様を照らし合わせて見比べました。
今よりは安くて良い場所ではないと総合的に判断していきました。
他の市も検討し、契約するかどうかまで悩んだ事もありましたが、初心に戻り実家の近くにという希望は捨てずにいこうと思いました。
なかなか居住者が出ないのにイライラして、何とかして下さいと言おうとも思いましたが、追い出した土地に住むのも嫌だと思い必死に我慢しました。
悩んだ末、もうここしかないと言い聞かせました。

人気の地域には土地がないので、なかなか良い土地は出てきません。
何社かのメーカーや工務店に頼んでおくなどして、余裕を持って探す事をお薦めします。