月別アーカイブ: 2018年1月

子ども部屋が欲しくて家を決意

マンション暮らしをしていると、やっぱり不便を感じることが多くなります。
その一つとして、子供が遊べる部屋をつくることが難しいということです。
私が小さい時には、遊ぶところがたくさんありました。
しかし現在では、そんな場所が少なくなっています。

 

そのため、自宅で遊ぶ子供が多くなってきましたね。
ところがマンションだと、子供同士で遊ぶことが難しいのです。
その時、子ども同士が気兼ねなく遊ぶことができる子供部屋を作ってあげたいと思いました。
そしてその結果、主人と話し合って福生市に注文住宅で新築戸建て住宅をつくることにしたのです。

 

そのことから一戸建て住宅をつくる目的として、子供部屋があります。
シンプルな子供部屋しかつくることができませんでしたが、それはそれでよかったと思っています。

 

なんといっても子供の独立した部屋をつくることにより、子ども自信がのびのびと遊ぶことができるからです。
それは本当によかったと思っています。
子供のために、一戸建てがあると感じます。

家づくりで何より時間がかかるのは土地探し

数年前、夢の注文住宅で新築マイホームを建てました。決心してから5年以上経っていたので、とても時間がかかったように思います。

 

時間がかかった理由は、土地選びです。家を建てたい場所を決めるのに一年ほど、その場所に売り土地が出るまでさらに四年ほどかかり、土地選びだけで結局五年以上かかってしまいました。

 

家を建てたい場所は、子どもの学区を最優先で選びました。学校への通学路に危険な道はないか、歩きやすいか、遠すぎないか、ちょっと過保護かもしれませんが、真剣に考えました。

 

また、利便性、土地の価格などから、どうしてもここに家を建てたいと、夫婦で話し合ってある地域に決めました。

 

そこまでは順調だったのですが、問題はその後です。私たちが家を建てたいと思っていた地域は、市街化調整区域でした。そこは、私たちのような地元のものでない人が土地を購入しても、家が建てられない地域でした。

 

結局、調整区域の境界線ギリギリにできた分譲地を購入して家を建てました。時間はかかりましたが、今はとても満足しています。