月別アーカイブ: 2018年10月

マイホームで注文住宅を選んで感じたこと

注文住宅は好みに合わせて間取りやデザインを決めることができ、家族が意見を出し合って依頼すると快適に住みやすい環境になります。家を建てる時は使用する素材にこだわり、同じ場所で長く愛着を持って過ごせるようにしたいものです。デザインは最近流行っている北欧風にしましたが、現地に旅行しているような気分を味わえ周囲から注目されるようになりました。

マイホームは個性的なデザインにすると周囲にアピールでき、注目されるようになると良いものです。注文住宅はオリジナリティがあるため周囲にうまくアピールでき、同じ場所で長く暮らせるように決めると効果があります。担当者に相談する時は専門的な知識があると要望を聞いてもらえ、取得できた土地の広さを考えてレイアウトを決めてくれて良かったです。

マイホームで注文住宅を選んだきっかけは安心して住みやすい環境を作るためで、家族が生活の拠点として暮らせると満足してくれたため良かったと感じました。

一戸建てを購入する時は子供の事も考えよう

結婚して子供が出来たので羽村市に新築住宅の一戸建てを購入しました。駅から徒歩10分以内の場所の一戸建てを購入したので通勤などはすごく便利です。しかし子供の事も考えなければいけませんでした。そこで今回感じた点をいくつか紹介していきましょう。

・小学校や中学校に通いやすいかどうか?

子供が7歳になると小学校に入学して卒業すると今度は中学校に入学します。小学校に6年、中学校に3年通う事になるので自宅からどのぐらいの距離にあるのかは重要なポイントになってきます。今回はそこまで頭が回らなかったので小学校も中学校もあまり近くない場所になってしまいました。一戸建てを購入する時は子供が小学校や中学校に通いやすい点も重視した方がいいです。

・子供の部屋の数

子供が小学生に入学するぐらいまでは一つの部屋で一緒にすれば問題ありません。しかし子供が成長してくると勉強をする必要が出てくるので一人一部屋必要になります。子供の人数が多い時は部屋の数も多くしなければいけません。子供の部屋に関しては特に問題ありませんでしたが、一戸建てを購入する時は重視した方がいいです。

新築住宅はご祝儀価格になりますが

私たち家族は、福生市の工務店で注文住宅を建てました。注文住宅というのは自分の求める住宅を作ることをお願いできるのでかなりメリットがあるというのは間違いない理由なのですが、さすがに考えなければならないということがいくつかありますので適当に決めないことです。

また、だからといってあれもこれも、ということにしますととても大変なことになります。これは一戸建ての新築を購入する時などにも言えるのですがせっかくだからという言葉は住宅を購入する時には禁句であるということを理解しておきましょう。

注文住宅などにおいては注文できる部分というのは少なからずあるわけですから、それをすべてやろうとしてしまう人がいます。資産的にそれが許されるのであればよいのですが、大体は予算があってこそ、ということになります。その点を勘違いしないようにしたほうがよい、というのは間違いないでしょう。

あくまで注文できる部分がもっと多くあろうとも予算の制限というのを自覚して購入することにしましょう。